p

様々なデザインが溢れるファッションアイウェアの中でスタンダード を求めるのは難しい。(主に女性をターゲットにしたモノに於て)

それが伊達眼鏡であった場合には特に顕著で、オーバーサイズのモノや、 デコラティブなモノになってしまいがちです。

コーディネートの足し算としての眼鏡。勿論そういった使い方は正しい。

しかし、少々力んだ感じも否めません。

 

もう少し気軽にファッションとしてのメガネを楽しめないか。

私達は本コレクション"p"(ピアノ)をもって数ある ファッションアイウェアのスタンダードと仮定しようと思うのです。

白いシャツやカットソーは何着あっても良い等と言いますが、 つまりはそういうことです。

現状のファッションアイウェアを"f"(フォルテ)とするならば、 本コレクションは"p"(ピアノ)でありたいと考えます。

また各モデルにはドイツ語で『ドレミファソラシド』にあたる "c(ツェー)d(デー)e(エー)f(エフ)g(ゲー)a(アー)h(ハー)" を配し、その名称としています。

音階が異なる様に、それぞれのモデルの表情も少しずつ違います。

 

選ぶ人一人ひとりが最適な"音"に出会う事を願います。